回転遊具がある公園
新小岩公園

ポイント

  • 様々なイベントで使用される大型公園
  • 広場やボール利用のできる場所があるスポーツができる場所
  • 水遊びができるエリアもあり
  • 専用駐車場有り
     
水遊び場 清掃予定日

清掃:2021年8月18日(水曜) 再開:8月21日(土曜)

遊具

公園は大型ですが遊具は少なく、この滑り台とスイング遊具のみです。他に健康系遊具がありますが後は広場です。
 

健康系遊具

平均台や雲梯など園内の所々にあります。
 

水遊び

水が入ってない写真ですが、時期になると水遊びができるようになります。
 

スポーツ広場

ボール遊びができます。使用に関するルールは特に記載はなかったです。
 

ファミリー広場

自然のエリアです。テントを貼ったり木漏れ日の中で遊んでる方がいました。桜やドングリなど自然を感じる場所です。
 

シュート広場

小さいコートの中でボール遊びができます。ルールは入り口に記載があります。主なルールは以下の通りです。

  • バットの使用禁止(就学前幼児によるプラスチックバットは可)
  • ボールは外に出ないようにする
  • ボールは故意にネットにぶつけない
  • 犬の連れ込み禁止
  • 花火禁止
     

自由広場

イベントなどでお店が出る場所です。ボール遊びやかけっこなど様々な遊びをしておりました。自転車の練習やストライダーもいらっしゃいました。
 

園内の様子

マラソンやサイクリングなど様々な使用をされてます。これから改修工事の予定があるみたいで今後の変化も楽しみです。スケートボードは禁止の看板があります。
 

現在は検討している状態で話し合いなどが行われているみたいです。公園の改修工事の流れや動きが見れて参考になります。
 

トイレ

園内にはトイレが複数ありました。オムツ台はありませんでした。
 

駐車場

駐車台数 11台(うち車いす用1台)
利用時間 終日
駐車料金 初めの30分は無料、その後30分ごとに100円。
 ただし、身体障害者手帳、愛の手帳または療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかを所持する方が運転又は同乗する車両の場合、駐車料金が免除となります。駐車場所(車室番号)を確認し、該当する手帳をご持参の上、公園内にある和楽亭窓口までお越しください。
 なお、窓口の空いている時間帯であれば、ご帰宅前だけでなく、公園をご利用中、いつでも手続きが行えます。
※取扱時間:4月から10月まで 午前9時から午後9時まで

      11月から3月まで 午前9時から午後6時まで

※毎週水曜日及び毎月第三木曜日、12月29日から1月4日まではお取扱いできません。
※取扱時間外は、備え付けのオートフォンにてご連絡ください。

葛飾区役所のHPより参照

駐車場への入り口はわかりにくいので下記のマップを確認してください。区役所HPより転載です。

画像をクリックで拡大できます。

蔵前橋通りは交通量があります。白バイ等による取り締まりが多いエリアですので車は気を付けてください。
 

地図

概要

開園:昭和60年3月30日

住所:東京都葛飾区西新小岩1丁目1-3

面積:47,484㎡

時間:24時間

最寄り駅:新小岩駅 徒歩5分
     平井駅 徒歩22分
     東あずま駅 徒歩35分

その他:自然を満喫できる公園です。今後改修工事の予定もあり、新小岩を代表する公園です。
 

口コミ・評判

Zグラウンドもあり、噴水もあり、とても広くて過ごしやすいです。20時くらいまでなら人も多くてジョギングコースにしても安心です。

Googlemap

お散歩に最適な広い公園。春は桜が咲いていて、秋にはどんぐりも落ちています。芝生広場でピクニックも楽しいです。 遊具は少ないですが、新小岩駅からの入り口付近と噴水の裏手の2箇所に大きな滑り台があります。 遊具を期待して行くとがっかりすると思いますが、すぐ隣の小さい公園には遊具があるので行き来してもいいかもしれません。

Googlemap

一部の集う人たちのマナーが悪すぎ。 少年野球のコーチは、陰で立ち小便やベンチでタバコ。 ゴミ箱の溢れかえるさまと、粗大ごみ放置。 公共の場こそ、みんなできれいに。 避難施設の再開発は不要。

Googlemap

コミュニティもあるほどだったので行ってみたらスケボー禁止になってました… 家族連れはのんびり過ごしていてゆるやかに時を過ごすだけならいいと思う

Googlemap

キャッチボールやサッカーが出来るので仲間と体を動かすのに丁度良い

Googlemap

引用元はGoogleMAPです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事