回転遊具がある公園
青戸平和公園

ポイント

  • 非核平和を願う祈念塔がある
  • 夏は水遊びが可能
  • 遊具・広場・築山(アップダウンのある地形)が揃う公園
     
水遊び場 清掃予定日

清掃:2021年7月29日(木曜)30日(金曜) 再開:7月31日(土曜)

滑り台

登る事も楽しめる滑り台です。昔ながらのコンクリート製なので危険な滑り方は危険です。また、スピードが出るので下にいたり逆走も危険です。小さい子には刺激すぎる滑り台です。夕方などは小学生以上が多く集まるので小さい子には遊びにくいです。
 

小さい滑り台

葛飾区内でよく見かける複合遊具です。雲梯、滑り台、お店屋さんごっこスペースがあります。
 

小さい子ども向けで子鉄には嬉しい遊具です。
 

砂場

日陰はないですが椅子が複数あるのは便利です。日陰のあるベンチはこの砂場から3mほど離れた所にあります。
 

滑り台の足元も砂場になっております。奥の屋根付きベンチのさらに奥に、上記にある汽車の遊具と砂場があります。
 

健康系遊具

複数の健康遊具がありました。基本お子様向けのものではないですが、平均台は遊べると思います。
 

水遊び

区内の無料で利用できる水遊び場の中では一番深さがあり浮き輪が使えるくらいです。ここは管理人さんがいない公園なのと、親水公園のように常に水が綺麗な状態にあるわけではないです。管理が行き届いた綺麗な水遊び場でしたら交通公園で、自由(自己責任)に遊べる公園としてはここは区内で一番オススメです。ゴミやルールをしっかり守りたいですね。
 

広場

ルールを守ればボール遊びも可能な場所です。隣には子どものアイドルのタカラトミーがあります。
 

他の遊具

スーパーマリオに登場しそうなドカンです。
 

ブランコは4連です。
 

築山

公園の中心にある小高い築山です。青戸平和公園内には普通のドングリだけじゃなくクヌギの丸いドングリも数カ所ありました。
 

非核平和祈念塔

戦争についてまだ学んでいない世代でも身近に見る事ができる場所です。大事な場所だと思いますので、今後も綺麗にこの公園が残る事を願います。
 

 

トイレ

園の両端にトイレがあります。オムツ台はなかったです。
 

その他写真

非核平和祈念塔がある場所の足元は綺麗な石になってますが、日によってはスケボーで遊ばれている方が多いので暗くなると小さいお子様には危険です。
園内には町内会で管理していそうな綺麗な花がありました。
 

 

地図

概要

開園:昭和25年10月1日

住所:東京都葛飾区青戸4丁目23ー1

面積:19,531㎡

時間:24時間

最寄り駅:青砥駅 徒歩7分
     お花茶屋駅 徒歩15分
     立石駅 徒歩18分

その他:青戸エリアを代表する大型公園です。24時間出入りができるので、夜は若者のたまり場となります。
 

名前の通り平和そのものの公園です。 ラジオ体操で健康維持に努める皆さん、サッカーの自主練習に励む小学生、健康遊具で腰痛のリハビリをする方、紅葉を眺めながらお散歩、日中は日向ぼっこしながらの読書、などなど。 夏は水遊びもできるので、親子連れで賑わいます。 東京都の原爆犠牲者慰霊碑もあり、都知事も慰霊祭に参加します。


 

口コミ・評判

広くて緑も小山も遊具も有るので大人も子供も楽しめます。手洗い場とトイレも管理されているので安心して使えます。 時々、球速の早いサッカーボールや野球のピッチング、大人の心ないマウンテンバイク遊びが見られるので、それさえなければ最高。

Googlemap

広い公園。丘や広場がある他、遊具もたくさんあるので楽しめます。遊具はブランコ、砂場など普通の遊具の他、石の滑り台や機関車の複合遊具、平均台などがあります。平均台はバランス感覚を身につけるためにも子供には積極的に遊ばせたい遊具です。大きい子も小さい子も遊べる良い公園だと思います。

Googlemap

そこそこ広いので子供から年寄りまで、のんびり過ごしている文字通り平和な公園

Googlemap

京成青砥駅からも少し歩きます。 公園の半分はコンクリ整備されて記念碑や噴水などがあり、半分は地面で遊具などがあります。 平日昼間は小さいお子さん連れのママさんなど遊びに来られていたり、休日もお子さん連れの家族が多いです。 夜になると割と遅い時間でも、若人が暗めの電灯の中でサッカーしたり、たむろしたりしてるので治安が悪くなるので注意が必要です。

Googlemap

遊具がたくさんある。 一部水捌けの悪い場所があるので雨上がりは注意。

Googlemap

引用元はGoogleMAPです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事